八戸中心市街地活性化協議会

Hachinohe Central City Revitalization Council

令和3年度 事業計画

 今年度は、市内外から多数の来館者が期待される新しい八戸市美術館が11月頃にオープンとなることから、八戸商工会議所、八戸中心商店街連絡協議会と連携して、回遊性の向上や賑わいの創出、中心商店街誘客促進策などを念頭に置きつつ、同時に新型コロナウイルス感染症の市中における状況を注視しながら、事業を展開していく。
 また、専門部会については、まちなか共通駐車券「おんでカード」の磁気化リニューアルが完了し、順調に推移していることから、「交通アクセス検討部会」を廃止して「空き床対策検討部会」の1専門部会体制とし、空き店舗解消事業について、支援・協議していく。
 なお、平成30年11月に国から認定を受けた、「第3期八戸市中心市街地活性化基本計画」に掲げた各事業の推進および目標指標の達成に向けて、新型コロナウイルス感染症拡大に伴う非常に厳しい状況下ではあるが、八戸市に協力するとともに、協議会構成団体および関係機関と連携を密に事業を進めていく。

 

1.会議の開催

(1)協議会・・・年1回程度

  • 八戸市中心市街地活性化基本計画についての意見提出
  • 中心市街地活性化に関する関係者相互の意見及び情報交換、調査研究
  • 中心市街地活性化に関する事業の総合調整

(2)幹事会・・・年2回程度

  • 八戸市中心市街地活性化基本計画について意見提出するための調整
  • 専門部会の設置及び専門部会からの提案事項の調整

(3)専門部会(各部会年2回程度)

  1. 空き床対策検討部会

     ※新たな課題や必要な事項が生じた際には、新しい専門部会を設置する。

2.調査研究事業

(1)花小路歩行者通行量調査の実施
(2)先進まちづくり・商店街等視察会の実施(商工会議所、まちづくり八戸との共催)
(3)三日町・六日町地区賑わい創出事業の検討

3.空き店舗対策事業

(1)空き店舗出店&創業支援相談会の開催

空き店舗の照会や支援制度の説明を行い、中心街への出店意欲の醸成を図るとともに、ビルオーナーや不動産業者へのテナントマッチングを行う。

(2)空き店舗に関する情報収集および発信、中心街への出店や起業等のサポート

4.コンセンサス形成事業

(1)タウンマネージャーの設置

協議会の運営、テナントマッチング、行政及び商店街との意見調整等、引き続きタウンマネージャーを設置し、まちづくりに関する各種事業の推進並びにまちづくり関係者との連携強化と合意形成を図る。

(2)アドバイザー派遣事業の活用

(3)中心市街地活性化基本計画や中心市街地活性化に関する勉強会等の開催

5.広報活動

広報誌「まちトピ」の発行

当協議会やまちづくり会社の事業等、中心市街地活性化やまちづくりへの取り組みについて、広報誌を作成し、広く一般市民に対してPRする。